Vol.396  

Master Kevin の 心 cafe

【今日のトピックス】巨人・桑田コーチの生涯打率にヤ

ングG驚き! 

背番号「73」の新ユニもお披露目

K K コンビとして、PL学園からスターが生まれたのは、

1983年のことだった。

1年生の彼らは

超高校級ともてはやされ、

問題のあるといわれるといわれるドラフトのドラマを経

て彼は、夢の巨人に入団した。代償として、高校のチー

ムメイトのもう一人のKとは、大きな溝が発生する。

1986年の春から20年着続けたユニフォームをピッツバー

グパイレーツのユニフォームの袖を通した。ほんの1年

だったその中での1勝もできず8月には戦力外通告を受け

る。

その桑田真澄が、ジャイアンツのコーチとして、戻って

きた。

最近は、やはり、マー君の楽天復帰が前面に出ており、

日本のプロ野球事情も大きく移り変わり出す。

ファンを思い球団にとどまる選手もいれば、半ば強引に

夢を追う選手もいる。

日本プロ野球のファン離れはここで起きたと言っても過

言ではなく、地域に根付く球団という意識は、フリーエージェントや、大リーグへの流出によりファンの目は
野球には行かず、球団はどんどん選手を駒として考える時代がやってくる。

その、時代の走りは、

古くは江川卓と小林繁

そして、

KKの時代の、巨人軍と桑田さんとの間での密約が

清原という選手の夢を砕いたのは事実です。

しかし、アスリートや野球人はすべからく自分の能力を最大限に

試したいし、そして、夢をかなえたいのだ。

政治も、実力の争いも両方必要である。

現在、原辰徳監督以下

元木ヘッドコーチ

後藤野手チーフコーチ

吉村作戦コーチ

ジャイアンツの第二次黄金期とも言える

長嶋チルドレンの面々が揃ってきた。

桑田コーチのスピリットが果たして

現代のプレイヤーに植え付けられるか。

楽しみですね。

コメント