【格 Talk】 RISE 144

Master Kevin の 心 cafe

主催:RISEクリエーション株式会社

大会名:RISE 144

会場:東京・後楽園ホール

日時:2020年12月18日(金)

開場17:00 本戦開始18:00

さて、いよいよRISEは、最後の大会を迎えました。

この、RISEという団体をどう見るか。

RIZINへの架け橋であるキックボクシング中心の

打撃団体と捉えるか?

なすがわ先生のホーム団体として存在する団体?

位置付けはそうなのでしょうが、現実他に何を見つけよ

うとしているのか。

そんな意味で、試金石となる大会ではなかったでしょう

か。コロナ禍のため、選手の体調を含めて興行を打つ側

としては、スケジュールを立てづらく、大変な一年で

あった。K-1と同様に、なすがわ先生の体調が大きく左

右するカード編成に加え、白鳥大珠選手のトーナメント

初戦での怪我による離脱。メインを固められる選手がい

ない。RIZINをメインに考えると、RISEの興行はこのタ

イミングでしかできないのである。

今年の締めの興行というよりは、11月興行に出られな

かった選手の受け皿大会なのでしょうか。

▼第1試合 フェザー級(-57.5kg) 3分3R延長1R

YUU(リアルディール/同級11位)

vs

青木朋哉(和術慧舟會 駿河道場)

最終的な判定の結果YUU選手の勝ちですが、その中で感じ

る立技の大会の中でも、RISEのこの域の選手のレベルは

間違いなく、K-1の方が高い。

システムのおかげなんでしょうね。

若い世代の仕組みを持つ団体との違いですね。

▼第2試合 ミニフライ級(-49kg) 3分3R

ユリカ・グラップリングシュートボクサーズジム(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本女子ミニマム級4位)
vs
AKARI(TARGET/2018年KAMINARIMON全日本女子-52kg級優勝)

この団体の一つのカラーとして、男子ではテッペンの世界

観がオーソライズされ、あの親子の独壇場。

かたや、女性は、神村エリカの世界観の押し付け方が大き

いのです。この一戦も、凡戦でした。

もっと、伸びる素材でも、テッペン親子と神村エリカ視点

に見合うかどうかなっており、殻を破れない。

唯一の血を感じるのは、白鳥大珠選手ぐらいなのでしょ

う。往々にして起きる、ピラミッドは先に進めない図式を

作る。この団体の限界を見る

▼第3試合 バンタム級(-55kg) 3分3R

知花デビット(エイワスポーツジム/元WMC日本フェザー級王者、元WMC日本バンタム級王者、元WBCムエタイ日本統一バンタム級王者)

vs

内藤凌太(BELLWOOD FIGHT TEAM/元DEEP☆KICK-55kg王者、SB日本スーパーバンタム級2位)

この辺から、いい選手が見られる。

どの団体でも思うのが、コロナ禍のせいで、実戦が足りな

いために、コンビネーションもミットうちの延長にしか見

えないところが強い。

ラストラウンドにようやく、カウンター気味のパンチでダ

ウンが奪えた。試合だった。

▼第4試合 スーパーフライ級(-53kg) 3分3R

鳩〔あつむ〕(TSKjapan/MuayThaiOpenスーパーバンタム級王者、WMC日本バンタム級王者)

vs

酒井柚樹(TEAM TEPPEN)

鳩選手Muay Thaiの技量は非常に高いのですが、決め手に欠いてしまう。

これだけいい打撃があるのに決めきれないのはやはり、ミット打ちばかりですね。

【後半戦】

▼第5試合 スーパーフライ級(-53kg) 3分3R延長1R

松谷 桐(VALLELY KICKBOXING TEAM/元NJKFフライ級王者、同級5位)

vs

佐藤九里虎(FAITH/WMC日本スーパーフライ級王者、同級11位)

ここも、判定

小粒です

▼第6試合 フライ級(-52kg) 3分3R

小林愛三(NEXT LEVEL渋谷/WPMF女子世界フライ級王者)

vs

田渕涼香(拳聖塾/第22回全日本少年少女空手道選手権大会 高校生女子軽量級優勝)
※陣内まどか負傷欠場により田淵が代打参戦。初代RISE QUEENフライ級王座決定戦 3分5R無制限延長Rからワンマッチに変更、小林が暫定王者に
この試合はすごかった。
小林愛三選手は非常にしっかりとMuay Thaiをやる選手ですが、
この田渕涼香選手はとにかくしぶとく、正拳突きがすばらしい

カウンターがとにかくしっかりと打てる気持ちの強さ

カウンターは気持ちが必要です。
それを打てる女性の選手は非常に気持ちが強い

この選手は強くなる。

▼セミファイナル(第7試合) スーパーフェザー級(-60kg) 3分3R延長1R

一馬(MONSTAR GYM/同級1位)

vs

前口太尊(TEAM TEPPEN/元J-NETWORKライト級王者、同級2位)

この一戦セミに持ってくるのは前口太尊選手をどう、一馬選手のボクシングテクニック

は素晴らしかったです。

今どき昭和なトランクスこれがギャップでいいですね。

▼メインイベント(第8試合) ミドル級(-70kg) 3分3R
延長1R

緑川 創(RIKIX/同級1位、元WKBA世界スーパーウェル
ター級王者)

vs

憂也(魁塾/同級6位、ウェルター級5位、第2代DEEP☆KICK-65kg王者)

延長まで持ち込んだ試合のわりに盛り上がらない。

緑川創は、再起戦を飾れず・・・・

【まとめ】


前回のK-1の2020年の最終戦といい

この、RISEの最終戦といいあまりにも華がなく

そして、これでは、RISEも厳しいですね。

残念な興行でした。

はい、それでは この辺で ★ Master Kevin ★ でした。

コメント