【格 Talk】 RISE ELDORADO 2021

Master Kevin の 心 cafe

大会名:RISE ELDORADO 2021

主催:RISEクリエーション株式会社

日時:2021年2月28日(日)

開場 13:00 本戦開始 14:30(予定)

※開場後オープニングファイトを実施

会場:神奈川・横浜アリーナ

RISEのありったけを出してきます。

この大会は、RISEのオールスターズ的な興行です。

13試合という試合数。

オープニングファイトの2試合を別にしても

11試合のラインナップ。

非常に難しい興行になります。

カードの並びを見ていくと、残念ながら

メインは別としても、それ以外のカードの中で、

セミファイナルの試合。

そして、

8試合目の寺山日葵選手と田渕涼香選手の一戦以外は何とも評価が難しい試合ではあります。

▼オープニングファイト.1スーパーフライ級(-53kg) 3分3R

岡﨑晃志(NEXT STEP GYM)
vs
星 憂雅(IDEAL GYM/2019年Amateur RISE Nova全日本大会-55kg級優勝・大会MVP)

星 憂雅選手はデビュー戦

つよい

ダウンをもらった星 憂雅選手は終始リードしながらの試合展開で岡﨑晃志選手を圧倒

左のロングをもらいフラッシュダウンをするが、何と判定はドロー

面白い判定です。

▼オープニングファイト.2バンタム級(-55kg) 3分3R

力哉(BK GYM/DEEP☆KICK55kg 5位)
vs
大森隆之介(EX ARES/JAPAN CUP 2019 -60kg級優勝)

無敗の大森隆之介選手、空手出身で 二戦二勝の選手

ゴング前のコーナーで笑顔を見せる大森隆之介選手

最近のなめたタイプの選手です。

かたや、力哉選手は逆に体も小さいため必死のカーフを蹴ります。

終始ヘラヘラした大森隆之介選手に力哉選手はしっかりと右のカウンターを当てます。

力哉選手の左右のフックがいいです。 

カーフからの連打でダウンを奪う大森隆之介選手

左の三日月や左ボディーで2度目のダウンからは一気の勝利

RISEっぽい試合の仕方です。

オープニングマイクを求めるあたりが

チャラいですね。

くだらないところが成長していて先はないでしょう。

▼ 1st match スーパーフェザー級(-60kg) 3分3R

小出龍哉(TEAM TEPPEN/新空手K-2 GRAND PRIX 2018中量級準優勝)
vs
奥平将太(Team Bull/Bigbangアマチュア6階級王者、元NJKF EXPLOSION-50kg級王者)

小出選手は、TEAM TEPPENの一員。

売り出し中

そして、2勝2敗と本人の拡散率と実力が伴っていない

、TEAM TEPPEN現象の選手ですね。

対する、奥平将太選手は、肩書きはある選手ですが、この

辺のところは、まにうけられないところです。

3ラウンド。

ようやく、間合いも取れてきた奥平将太選手のKO

▼2nd match -62kg契約 3分3R延長1R

平塚大士(チームドラゴン/RISEスーパーフェザー級7位)
vs
YA-MAN(TARGET SHIBUYA/2018年RISING ROOKIES CUPフェザー級準優勝)

興行の中での大きな意味合いを持つ第2試合目

これは、どういう興行になるのかを予想するときに

オープニングマッチや、Preliminaryfightなどと呼ばれる

いわゆる、まだ試合す経験の少ないレベルの試合が会場を温めるために行われ、

本線にはいると、第1試合目は団体の層の厚さや、この大会の奥行きを占うよりも

とにかく話題性のある選手などを起用し力が入る。

ブッカーはそういう試合を1試合目に持ってくる

それだからこその2試合目の試合が興行の行方を占う試合になる。

まんまと、YA-MAN選手はアピールした割に、平塚大士選手の勝ち。

これがこの大会の流れになり、3ラウンド戦った人間が判定を受けるまでに笑いまくるのは

そんな試合を予想する。

▼第3試合 スーパーライト級(-65kg) 3分3R


Delgermuru拳信王(デリゲルムルン ケンシンハン/モンゴル/FLATUP)
vs
相内 誠(フリー)※デビュー戦

そして、やってしまった。

この相内 誠選手はプロ野球選手上がり・・・

たまにいます。

身体能力と野球の世界で少し悪かっただけで格闘技への転向・・・

でも、これがまたしても興行を下げる結果になります。

合えなく敗北。

▼第4試合 49kg契約 3分3R


竜哉・エイワスポーツジム (エイワスポーツジム/ラジャダムナンスタジアム認定ミニフライ級王者、 WBC ムエタイ世界ミニフライ級王者、 IBFムエタイ世界105ポンド(47.6kg)級王者)
vs
渡邊愼一 (ウォー・ワンチャイプロモーション)

そこに、何とも最悪のカードが組まれます。

RISEの試合で二人とも根っからのMuay Thai選手。

これでは、台無しである。

RISEの選手とKick Boxingをやるのであればまだ価値も出ます。

明らかに経験値の高い竜哉・エイワスポーツジムの勝ち。
Muay Thai選手のみで、決着をつけても・・・闘いが生まれない。

▼第5試合 -56kg契約 3分3R延長1R


江幡 塁(伊原道場/初代WKBA世界スーパーバンタム級王者、KING OF KNOCK OUT初代スーパーバンタム級王者、第9代新日本キックボクシング協会バンタム級王者)
vs
拳剛(誠剛館/DEEP☆KICK-55kg王者、RISEバンタム級3位)

江幡塁選手はやはり、強い。

なすがわ先生と闘い残念な結果だったが、彼はこの試合でも能力の違いを見せつける。

身長差がある選手の懐に入り的確にインローからミドル。

パンチもしっかりと決めていく。

右ストレートで早くも決め

次は左のフックで勝利。

レベルの違いがまざまざと出る。

▼第6試合 -61kg契約 3分3R


梅野源治(PHOENIX/BOMライト級王者、元ラジャダムナン・スタジアム認定ライト級王者)
vs
ノラシン・スペチアーレジム(Speciale gym/元ルンピニースタジアムライトフライ級王者、元ルンピニースタジアムフライ級王者、元ラジャダムナンスタジアムライトフライ級王者)

これだけのタイ格差を持っていて、判定まで行ったのは梅野源治選手

だめですね。試合後にリング上にマウスピースを吐き出すところまで
だらしないベテランですね。

もったいない。

11戦もカードがあるとこのような中だるみが出てしまいます。

▼第7試合 SuperFight! ミドル級(-70kg) 3分3R延長1R


“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/第2代RISEウェルター級王者、元J-NETWORKウェルター級王者)
vs
憂也(魁塾/同級1位、DEEP☆KICK-65kg王者)

この試合がこの位置で行われるような試合でしょうか?

真っ赤な頭で登場する”ブラックパンサー”ベイノア 

対するは、憂也選手

恵まれた体系の憂也選手は序盤一気に叩き込みダウンを奪いますが、

盛り返され、ダウンをとられながらも延長まですすめ、最後は

判定勝ちの”ブラックパンサー”ベイノア

凡戦です。

▼第8試合 SuperFight! ミニフライ級(-49kg) 3分3R延長1R

寺山日葵(TEAM TEPPEN/RISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020優勝、初代RISE QUEENミニフライ級王者、第8代J-GIRLSミニフライ級王者)
vs
田渕涼香(拳聖塾/第22回全日本少年少女空手道選手権大会 高校生女子軽量級優勝)
※アイーダ・ルークサイコンディン(タイ)が寺山と対戦予定だったがアイーダ欠場で田渕に変更

さて、田渕涼香選手はとにかくここまで負けなしで上がってくる選手です。

しかし、寺山日葵選手はよく見えています。

フレームの差があり、間合いは寺山日葵選手が支配します。

田渕涼香選手は勝負勘がすごく高い選手で、次第に間合いに入りだします。

しかし、寺山日葵選手は焦らず前蹴りを見せ技に上手にヒットポイントをあげていきます。

また、出入りがしっかりとしていて、追ってくる攻撃の届かない位置に離れます。
田渕涼香選手は少し焦りもあり、組み立てが前蹴りなどで間合いが遠くなる技を当ててしまい、

闘いが進みません。

寺山日葵選手は終始左のインローをしっかりと当てることによって左が

出しづらい。リードブローがはいらないので組み立てられません。

寺山日葵選手のとにかく落ち着いたさばきと攻撃が決まり最終数秒で

ようやく右が一発だけ入ります。

完敗ですしたね。

寺山日葵選手の王者らしい強さでした。

▼第9試合 SuperFight ! バンタム級(55kg)3分3R 延長1R

鈴木真彦(山口道場/第7代RISEバンタム級王者、RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメント~準優勝)
vs
溜田蒼馬(CRAZY WOLF/第2代CMA KAISER バンタム級王者)

RISEの残念なヒーロー 鈴木真彦選手

1ラウンド目から速攻で倒しにかかり

その仕返しにしっかりとダウンを奪われます。
もう、子供の喧嘩状態で、突っ込んできた溜田蒼馬選手はあっさり勝利を決めます。

ただ、一度目のダウンをとった時に相手に吠える天下を取り損ねた鈴木真彦選手

はやはり、ダメですね。

▼セミファイナル(第10試合)SuperFight! -64kg契約 3分3R延長1R


原口健飛(FASCINATE FIGHT TEAM/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント優勝、第6代RISEライト級王者)
vs
白鳥大珠(TEAM TEPPEN/RISE WORLD SERIES 2019 -61kgトーナメント優勝、第5代RISEライト級王者)
※原口と対戦予定だったペットパノムルン・キャットムーカオ(タイ)と、白鳥と対戦予定だったヌンラーンレック・ジットムアンノン(タイ)は共に欠場

二人が並ぶと白鳥大珠選手は相当減量が厳しい。

もう一ランクあげなければ辛そうですね。

バランスのいい体を持った原口健飛選手は素晴らしい判断力で攻め入る。

先に先に仕掛ける。

もともと、フレーム差で試合を優位に進めてきていた白鳥大珠選手は

本来先に攻め入るべきだったのに後手を踏み続ける。

先手を取る原口健飛選手のほうが白鳥大珠選手をはるかに上回る。

終始決定打はでないが、先手を取り続ける原口健飛選手のほうが優位で足がそろったところで

回転系の技でダウン

ここから一気に勝負は決まる。

白鳥大珠選手の攻撃はより空回りを続け

時間はなくなり、余計に焦り、

次は右ハイで2度目のダウン

もうこれ以上ない。そんな状況で判定を迎え、原口健飛選手の勝利。

▼メインイベント(第11試合) SuperFight! バンタム級(-55kg) 3分3R延長1R

那須川天心(TARGET/Cygames/RISE WORLD SERIES 2019 -58kg級王者、初代RISE世界フェザー級王者)
vs
志朗(BeWELLキックボクシングジム/RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメント~優勝、ISKAムエタイ世界バンタム級王者)

どうでしたか?

感想は

私はなすがわ先生の芝居がかった闘い方が苦手です。

随分うざい感じです。

志朗選手は明らかに成長していました。

気づきましたか?

彼らが、やっている試合は、一種違います。

どうなるかわからないという感じの技の出し合いではなく、明らかに勝ち負けを

判定で決めるレベルの闘いでした。

それもわかったうえで、なすがわ先生はそれ以上攻めない。

それは、志朗選手に倒せる攻撃があるので深く入ればもしかしたら当たるからという試合です。

そうですね。

分かりやすく言うと、朝倉未来 と斎藤裕選手の試合と同じです。

なすがわ先生は今年の春には武尊選手と試合が出来なければボクシングへの転向を宣言しており

Kick Boxingの世界では見られなくなるのかと思われます。

残念ながら彼がボクシングの世界でどこまで行けるかは、正直微妙です。
なぜなら、残念なことに、彼は武尊選手やるという時の行動力は、あっても、

Rodtang Jitmuangnonとの再戦は当然ギャラもボクシングに進むよりも得られる可能性が非常に

高かったのに、あえてそこへは進みませんでした。

当然、ONE Championshipには、山口メイ選手がいて、彼女がテッペンジムにいることも考え合わせると

Rodtang Jitmuangnon再戦とKick Boxingの継続が、いままでの実績よりも、未経験の

プロボクシングの世界のほうが容易だと考えたのでしょう。

アジアの打撃は正直計り知れないモンスターがいます。

しかし、ボクシングのほうが勝算があると考えたのでしょう。

RIZINという舞台が若い力を押し出す舞台になり、同時にその素質も非力な団体のため、

なすがわ先生に闘いをおしえられなかった。

K1も同様にあれほどの武居 由樹選手を引き留めるマッチメイクが出来なかった。

日本の格闘技業界は、すでに末期にきています。

興行としての評価は、これだけのメンバーのわりに結果が出ない。

なぜならば、なすがわ先生は武尊と違い、

自分のweightをコントロールしてでも相手を探し求め続けなかった。

ファンはそんななすがわ先生の試合をエキジビションマッチとしてしか
見れなくなった。

当然生死をかける勝負を挑むプロボクシングの世界は、

なすがわ先生のようなアメリカンプロレス的な試合は求められない。

井上尚弥や、武尊とは違います。この違いを、アメリカは嫌いそれを受け入れない文化です。

その辺が、日本のプロ野球事情と同様な流れになります。

楽しみな点ですね。

はい、それでは この辺で ★ Master Kevin ★ でした。

コメント