【格 Talk】『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~』

Master Kevin の 心 cafe

主催:K-1実行委員会

大会名:K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~

日時:2021年3月28日(日)

開場11:00 本戦開始13:00(予定)

会場:東京・日本武道館

【プレリミナリー】

  1. [プレリミナリーファイト第1試合/K-1ライト級/3分3R]
  2. [プレリミナリーファイト第2試合/K-1女子ミニマム級/2分3R]
  3. [プレリミナリーファイト第4試合/K-1スーパー・フェザー級/3分3R]
  4. [プレリミナリーファイト第5試合/K-1フェザー級/3分3R]
  5. ▼第1試合 【非常識な投資家M Presents】スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
  6. ▼第2試合 スーパーファイト/K-1 ウェルター級/3分3R・延長1R
  7. ▼第3試合 スーパーファイト/女子-46kg契約/3分3R・延長1R
  8. ▼第4試合 スーパーファイト/K-1 女子ミニマム級/3分3R・延長1R
  9. ▼第5試合 K-1 フェザー級/3分3R・延長1R
  10. ▼第6試合 K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R
  11. ▼第7試合 スーパーファイト/K-1 スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R
  12. ▼第8試合 スーパーファイト/K-1 スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
  13. ▼第9試合 スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
  14. ▼第10試合 スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
  15. ▼第11試合 スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
  16. ▼第12試合 スーパーファイト/-56kg契約/3分3R・延長1R
  17. ▼第13試合 スーパーファイト/K-1 ウェルター級/3分3R・延長1R
  18. ▼第14試合 スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
  19. ▼第15試合 スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R
  20. ▼第16試合 スーパーファイト/K-1 クルーザー級/3分3R・延長1R
  21. ▼第17試合  【眠活ヘッド整体Dr. HEAD Presents】スーパーファイト/K-1ヘビー級/3分3R・延長1R
  22. ▼セミファイナル(第18試合)K-1 WORLD GP クルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
  23. ▼メインイベント(第19試合)【フュディアルクリエーション Presents】K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
  24. 【まとめ】

[プレリミナリーファイト第1試合/K-1ライト級/3分3R]

羽鳥仁(TEAM BIRD)

vs

鈴木孝司(K-1ジム五反田チームキングス)

この試合、Preliminaryの中では鈴木孝司選手の身体の良さが光りました。

ここまで仕上げられるのであれば今後は、もうひと階級あげるほうがよさそうな

フレームの選手です。

あっという間にダウン2つ、ロングの右ストレートで完勝。

良い試合でしたね。

【感動ありがとう!】POINT 1 (total 1)  を鈴木孝司選手に捧げます。

[プレリミナリーファイト第2試合/K-1女子ミニマム級/2分3R]

ケイト・ウィラサクレック(WSRフェアテックス三ノ輪)

vs

美伶(WARRIOR OSAKA)

このケイト・ウィラサクレック選手は、良い体を持っているのですが、まだまだ

攻撃が緩慢です。

対する、美伶選手は少し身長がないために今後のウエイトコントロールはもちろんですが、

このweightで闘う不利が出そうな選手です。

しかしながら、美伶選手はディフェンスのテクニックが素晴らしく、スリップしながらの

インfight。その刹那の右は上手に体重が乗って、あっという間に

ダウンを奪い、差が出た試合でしたね。

[プレリミナリーファイト第4試合/K-1スーパー・フェザー級/3分3R]

提髪和希(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

vs

児玉兼慎(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)

提髪和希選手は、とにかく良いものをもっているのですが、身体に出ている通り

追い込みが足りないのでしょう。

良いフレームですが、とにかくこれだけのキャリアがあっても筋肉量が

足りず、なおかつスタミナがない。

3ラウンド目は見事に児玉兼慎選手に追い付かれそう。

上積みが足りないようですね。

[プレリミナリーファイト第5試合/K-1フェザー級/3分3R]

倉崎昌史(GET OVER)

vs

髙橋直輝(若獅子会館)

髙橋直輝選手は一ランク上の体です。

圧倒して、決めました。

この選手にも

【感動ありがとう!】POINT 1 (total 1)  贈呈ですね。

本当に良い体をしっかりと出せていました。

強くなります。

▼第1試合 【非常識な投資家M Presents】スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R

弘輝(team ALL-WIN)

vs

龍華(TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKER)

さて、本戦になります。

弘輝選手は中心に立ちコントロールできるか。

龍華選手は遠めの間合いから、龍華選手の左右のストレートで

あっという間の2つのダウンからそのまま1ラウンドで終了。

弘輝選手は相変わらずのガードの悪さでほとんど、サンドバッグ状況でした。

▼第2試合 スーパーファイト/K-1 ウェルター級/3分3R・延長1R

海斗(ポゴナ・クラブジム)

vs

寧仁太・アリ(K-1ジム総本部チームペガサス)

お互い身長がある二人。

少し、細めの海斗選手ですが、いよいよ、連敗脱出したいところですが、

寧仁太・アリ選手はそれを超える身長。

とても、バランスのいい体形。

最後はやはりタイ格差がでました。

海斗選手のマッチメイクは、少し厳しい相手すぎますね。

▼第3試合 スーパーファイト/女子-46kg契約/3分3R・延長1R

MIO(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

vs

山田真子(KINGS)

MIOは、少し締まりました。

山田真子選手のボクシングテクニックに、MIOの当て勘のいい

キックテクニックでどこまでやれるか。

1ラウンド早々に出入りの激しい山田真子選手の入りに合わせて

右のストレートでしっかりと当てて倒します。

2ラウンドも同様警戒している山田選手のインfightに対してうまい右のカウンターです。

本当に当て感がいい。

MIO選手は右の軌道が少し変わりました。

そして、前戦より重さが加わっています。

K-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTの効果でしょう。

▼第4試合 スーパーファイト/K-1 女子ミニマム級/3分3R・延長1R

高梨knuckle美穂(Y’ZD GYM)

vs

MARI(ナックルズGYM)

さて、期待の高梨knuckle美穂選手の試合です。

MARI選手は正直変化をつけてかく乱する戦法の選手

高梨knuckle美穂選手はしっかりと見分けながら当てていきます。

しかし、高梨knuckle美穂選手は攻めあぐねているところがあります。

少しこのへんは、高梨knuckle美穂選手は詰めの甘さと、先天的な

体の小ささが残念です。

どうしても、性格がでるんでしょう。 まっすぐすぎるところが大きいです。

残念な判定勝ちでした。

グチャグチャにする闘い方が苦手なんでしょう。

▼第5試合 K-1 フェザー級/3分3R・延長1R

玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)

vs

鷹大(WSRフェアテックス西川口)

※才賀紀左衛門(PURGE TOKYO)が負傷欠場、代わりに鷹大が出場

RIZINで通用しなくなり、立ち技だけでと舞い戻った才賀紀左衛門は

負傷による欠場。

もう引退するべきでしょう。

さて、玖村 修平選手です。網膜剥離からのカムバック

センスがすごくあるだけに頑張ってほし選手。

いやいや、お互い反応がいい。

玖村 修平選手はハイが速い。

左右のハイが鷹大選手は押されます。

むしろこの玖村 修平選手の良い攻めをしのぎながら1ラウンドを乗り切ります。

2ラウンドも間合いが非常にいい位置で攻防

玖村 修平選手のスピードに慣れ始めていますが、今一つ

鷹大選手はいいものが出せない。

いやいや、玖村 修平選手これほどの攻撃が決まらないのはつらかったですね。

▼第6試合 K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R

MIKE JOE(BATTLE FIELD/TEAM J.S.A)

vs

EITO(Respect All Fear None)

※木村ミノル(PURGE TOKYO)が負傷欠場、代わりにEITOが出場

いや、MIKE JOEは34歳の選手

ハードパンチャーです。

EITO選手は長身でこのクラスで厳しい減量でしょう。

MIKE JOEのパンチは非常に強いです。

本来EITO選手ではなく木村“フィリップ”ミノル選手との闘いの予定だっただけに

代わりのEITO選手は荷が重い。

MIKE JOE選手はこの年では珍しいぐらいのベストな体です。

木村“フィリップ”ミノルとやりたかったのでしょう。

▼第7試合 スーパーファイト/K-1 スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R

小鉄(K-1ジム琉球チーム琉神)

vs

アビラル・ヒマラヤン・チーター(志村道場)

前戦で木村“フィリップ”ミノルとの打ち合いの中で名をあげた、IVAN KONDRATEV

やはり、強かった。

カーフで試合を優勢にすすめ、しっかりと左右のストレートを当てる。

また、最後までしっかり決め1ラウンドKO

ー休憩ー

▼第8試合 スーパーファイト/K-1 スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R

島野浩太朗(菅原道場)

vs

三輪裕樹(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

島野浩太朗選手の登場です。

ハードパンチャーのお金になる選手。

三輪祐樹選手はしっかりと前に出ます。

左右のロングフック系のストレートはガードがあるにしろ

効いています。

三輪祐樹選手はそれでも前に前に

残念な凡戦になりました。

▼第9試合 スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R

金子晃大(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)

vs

鬼山桃太朗(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

さて、武居 由樹の抜けた後をだれが埋めるのか

金子 晃大選手は正直、スピードが恐ろしくある。

鬼山桃太郎選手少しは見せられるのでしょうか?

不遇のスター金子 晃大選手はどうなのでしょうか?

早速1ラウンドに右ストレートであっという間にダウンをとります。

とにかく速い金子 晃大選手

鬼山桃太郎選手は当てられない。

オーバーハンドのロングが当たればいいのですが、金子 晃大選手はしっかりと

見切っています。

鬼山桃太郎選手はインローが効いてきて2ラウンドを何とか乗り切りました。

3ラウンドまで行くあたりが金子 晃大選手ですね。

不運たるゆえん。

速くても決められなければ・・・

この試合では、うまいだけでやはり、観客はついてこない。

玖村 修平選手もそうでしたが、決め手が弱い。 

3ラウンドでようやくとらえて、TKOですね。

▼第10試合 スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R

佑典(月心会チーム侍)

vs

横山朋哉(リーブルロア)

※TETSU(月心会チーム侍)が怪我のため佑典が代打出場

でました。

シンデレラボーイです。

一瞬です。

左一閃です

▼第11試合 スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R

篠原悠人(DURGA)

vs

西京佑馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

天才的な当て勘のある篠原悠人選手の登場です。

今一つの伸びに悩みがあった篠原悠人選手

西京佑馬選手との一戦

篠原選手は入りから変則的。

西京佑馬選手はクレバーなロー

ヒリヒリする感じの出し合いです。

西京佑馬選手のローが効き始めます。

篠原悠人選手の攻撃が右狙いに終始し、西京佑馬選手の

ローが有効的に聞き始めています。

お互い派手に決めたい気持ちが大きすぎ、

試合が動かない。

判定は、西京佑馬選手 単調な篠原悠人選手は3連敗

▼第12試合 スーパーファイト/-56kg契約/3分3R・延長1R

玖村将史 (K-1ジム五反田チームキングス)

vs

ダウサコン・モータッサナイ(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)

玖村 将史選手の登場です。

お兄さんの後の試合

玖村 将史選手は、身体が少し小さいですが、スピードはあります。

Muay Thai選手のためにどうしてもペースが違う。

ラウンドが進むにつれ

スピード感があってきた。

KO勝ち。

▼第13試合 スーパーファイト/K-1 ウェルター級/3分3R・延長1R

野杁正明(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

vs

プライチュンポン・ソーシーソムポン(タイ/GTジム)

野杁 正明選手いよいよ判定勝ちから抜け出したかったのに

この相手では厳しいですね。

▼第14試合 スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R

ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)

vs

南雲大輝(八光流柔術総本部)

Konnapar Weerasakreck つよい

ー休憩ー

▼第15試合 スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R

城戸康裕(谷山ジム)

vs

松下大紀(BELIEVE MAN)

城戸 康裕選手はどうなるのでしょう。

持ってますね。

素晴らしい。

▼第16試合 スーパーファイト/K-1 クルーザー級/3分3R・延長1R

愛鷹 亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

vs

ANIMAL☆KOJI(LEGION TOP TEAM)

ANIMAL☆KOJIすごかった。

よくやりました。

愛鷹 亮選手

つぎですね

▼第17試合  【眠活ヘッド整体Dr. HEAD Presents】スーパーファイト/K-1ヘビー級/3分3R・延長1R

京太郎(チーム京太郎)

vs

実方宏介(真樹ジムAICHI)

京太郎選手

恐ろしい

10年そのまま

それ以上

▼セミファイナル(第18試合)K-1 WORLD GP クルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R

K-Jee(K-1ジム福岡チームbeginning)

vs

シナ・カリミアン(POWER OF DREAM)

シナ・カリミアンがなんと

Power Of Dreamを救いました。

バックハンド一閃

▼メインイベント(第19試合)【フュディアルクリエーション Presents】K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R

武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/王者)

vs

レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS/挑戦者)

何とも言えない、

感動で

何とも言えない。

とにかく

武尊選手

レオナ・ペタス選手

すごい。

これが感動ですね。

やばい。

KOです。

<中止カード>

▼スーパーファイト/K-1 フェザー級/3分3R・延長1R

才賀紀左衛門(PURGE TOKYO)

vs

玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)

▼スーパーファイト/K-1 スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R

木村“フィリップ”ミノル(PURGE TOKYO)

vs

MIKE JOE(BATTLE FIELD/TEAM J.S.A)

[プレリミナリーファイト第3試合/K-1スーパー・ライト級/3分3R]

稲垣柊(K-1ジム大宮チームレオン)

vs

清水卓馬(K-1ジム川口TEAM SIRIUS)

【まとめ】

格闘技を文字通り教えた

武尊選手

興行はこうやって締める

これこそが、チャンピョンです。

なすがわ先生がリングサイドで小さく見えた。

衝撃の一戦です。

レオナ・ペタスは多分なすがわ先生とやっても勝てるでしょう。

武尊選手は偉大でした。

本当にかっこいい試合でした。

はい、それでは この辺で ★ Master Kevin ★ でした。

コメント