No.410 daily 003

Master Kevin の 心 cafe

Master Kevin です

【Today’s News】ドコモ・au・ソフバン「メインブランド」も値下げの春

いよいよ値下げになります。

ただでさえ、携帯料金の理解の仕方は困難を極めます。

ドコモが安い。

auでしょう。

いえいえ、Softbankが一番

などなど、沢山方法でこのプランの説明は行われます。

とても、とても困りますよね。

沢山の専門用語が分かりやすいように書かれていて、これ読んでわからないなら

ダメでしょう。

といった内容です。

そして、最近では、販売店が減っていて、相談程度で店を訪れても

ネットで調べた情報とさして変わらない説明しかできない店員を待ち時間を

つかい、時間のわりに内容が分からずじまい。

当然販売店は推しの物をすすめるので

当然比較は難しい。単位やそのほかのセットでほかの会社と比べようがない。

談合のにおいすら感じるプラン構成です。

【Today’s Spend money ☆Talk!】

コロナが世の中を変えてきていることは

皆さんもお気づきですよね。

最近の仕事はフリーアドレスの職場が主流になりつつある。

会社で管理されたPC を使い、打ち合わせもほぼ、ネットでの会議。

デスクもその時々で移りながら使えるような、スペースの利用が主流。

当然のごとく、フリーであるが故、集中する空間を構築するのが難しく

且つ、コロナなどの感染予防のためにマスクをしながらの就業状況を

要求される。

この時代に、アクリル板は品薄になり、半導体の不足などによる、

無線接続機器の品薄など、環境改善のための物はいまだに、追い付かない。

キングジム。

この会社はとにかく、オフィスワークを考える会社。

これを使っています。

持ち運べるサイズ且つ、ある程度の高さを有しているもので、できれば

透明じゃないものが好みです。

視線が合うと仕事の妨げになる上、思考回路を邪魔します。

これぜひ使ってみてください。

これに付箋を貼ったりしてオリジナルの簡易ボードの代わりにもなる。

キングジム恐るべし

【Today’s Tigers!】

さて、タイガースですね。

広島との一戦目なんとも、手も足も出ない試合をしてしまったタイガース。

二戦目は、伊藤選手が先発に立ちます。

6回で2番手の加治屋選手と交代。 被安打8 3失点という結果。

援護があれば少し、ヒット数が多いくらいで、3失点であればというのが現段階の

先発のラインである。

その後、岩貞選手 → 桑原選手とつなぎ、被安打12 4失点という結果

打線もつながりがなく、8安打2得点と精細を欠き連敗

そして、3戦目は

秋山選手が先発。7回2失点という素晴らしい投球の中

攻撃陣はようやく目を覚ます。

マルテの犠牲フライの1点を初回から得点を挙げる。

糸原による、3ランをが続き、6回にもサンズの犠牲フライ、佐藤選手のソロと2得点

とにかく、この広島三連戦の中で得意不得意が出すぎた試合とになる。

続いて、場所を京セラドームに移し、中日を迎える。

さて、ホーム試合第1戦目にもなる中日戦

藤浪選手が先発を務める。

2回になんとスリーベースを打たれた後に、ボークで失点。

その裏、エースへの援護で木浪選手のタイムリーツーベース。

近本選手のタイムリーでこの回3得点

しかし、そのあと沈黙の打線。

8回に継投策の投手陣が5失点というふがいなさで

とうとう、開幕3連勝の貯金を0になってしまった。

頑張れタイガース

【MOTO GP !!】

さて、グランプリ2戦目

舞台はカタールです。

この時期、タイヤの状態をよりよくするためにも気候のよい、気温の高い場所が求められます。

フリー走行の1日め

Valentino Rossiは、残念ながら17位と出遅れている。

とにかくリアのタイヤの延命がポイントとロッシは話します。

ここで、感じられるのが、ロッシのタイヤの使い方がおそらく現在の

乗り方と少し違うのであろう。

バンクさせる角度によってタイヤの使用部分に対してのコンパウンドが

最近のトップにいる電子デバイスに慣れているライダーと

Valentino Rossi選手のように長い期間沢山のtypeのレーシングマシンを乗り続けたうえに

バンク角が浅いと、トップライダーの主流がタイヤのエッジを目いっぱい使い明け続ける方法

の乗り方と明らかに減り方が違うのでしょう。

また、Franco Morbidelli選手がコーナーで発生しているエンジン

での何らかの燃焼系の問題か、白煙を履く状況が続いている。

しかし、状況に関しての対策がヤマハから発表されていない。

【SAS の愛が止まらない!!】

『世界の屋根を撃つ雨のリズム (4:11)』

40枚目のシングルになります。

さて、Bサイドの楽曲です。

レディオヘッドというイギリスのバンドから、影響を受けたこの楽曲

桑田さんの音楽に対する幅の広さは素直に

他のアーティストの良い部分の吸収力はいつになっても素晴らしい。

自分の音楽の理論に閉じこもることがない。

このへんが素晴らしいパフォーマンスを続けるゆえんでしょう。

お試しください。

【リリース】

1997年11月6日

【収録】

VICTOR STUDIO

猫に小判STUDIO

【作詞・作曲】桑田佳祐
       
【プロデュース】サザンオールスターズ

はい、それでは この辺で ★ SAS Master Kevin ★ でした。

コメント