【格 Talk】『ONE on TNT I』

Master Kevin の 心 cafe

さて、TNT が始まりました。

The main card performers of "ONE on TNT I"

ONE Championship ChatriTrisiripisal CEOにとって、大きな目標である、

UFCをライバル視しておかしくないぐらいの力をつけてきた

ONE ChampionshipがTNTの上でONE Championshipを繰り広げます。

大会名:ONE on TNT I

日時:4月8日(木・日本時間)

開始9:30

LEAD CARD

▼HEAVYWEIGHT

PATRICK SCHMID “BIG SWISS”(Switzerland)

vs

OUMAR KANE “REUG REUG” (Senegal)

さて、この二人の選手が、ONE Championshipの目指すヘビーの選手ではないのでしょうが、

こんな大きな選手をカードとして据えた時のマッチメイクの難しさは、K-1のマッチメイクで

そして、RIZINのマッチメイクで表現されています。

試合のほうは、あっさり寝技のできない、PATRICK SCHMID “BIG SWISS”選手が

OUMAR KANE “REUG REUG”選手のバックからのパウンドで決着

こうなるのですね。

▼FEATHERWEIGHT KICKBOXING

CHINGIZ ALLAZOV “CHINGA”(Azerbaijan)

vs

ENRIKO KEHL “THE HURRICANE”(Germany)

さて、ONE Championshipの中でもほってはいけない金脈の、Azerbaijanの選手

CHINGIZ ALLAZOV “CHINGA”選手 は見るからに身体が強い。

とはいえ、ヨーロッパの中でも骨格が強いドイツ選手も多くはないですが、フレームのしっかりした

国です。フルラウンドを闘い、CHINGIZ ALLAZOV “CHINGA”選手にプレッシャーをかけ続けられる選手は

そう多くはないです。

ENRIKO KEHL “THE HURRICANE”選手はとても期待できる選手です。

CHINGIZ ALLAZOV “CHINGA”選手を破れること、そして体の強さと前進する力を感動して見続けました。

▼WELTERWEIGHT

TYLER MCGUIRE (United States)

vs

RAIMOND MAGOMEDALIEV (Russia)

RAIMOND MAGOMEDALIEV選手はAzerbaijanの選手と同様身体は強い

ローブローはともかくとにかく、身体の強さがこのあたりの階級では大きく出る。

TYLER MCGUIRE選手は素晴らしいファイトを見せた。

フルタイムの末判定で敗れるも、アメリカの格闘数値の高さは間違いない世界です。

▼CATCH WEIGHT (61.5KG))Muay Thai

Rodtang Jitmuangnon(Thailand)

vs

DANIAL WILLIAMS “MINI – T” (Australia)

ONE Championshipのやはり興行としてのキーマンの一人になります。

Rodtang Jitmuangnon選手

彼は、ONE Championshipの看板選手の一人。

Muay Thaiを新たに昇華させたONE Championshipの象徴として乗り込んだこの試合は、

Rodtang Jitmuangnon選手。もともと、骨太の選手である。

しかし、この日の彼は仕上げが足りない気がします。

彼にとってのチャレンジだったのでしょう。この日の相手のDANIAL WILLIAMS “MINI – T”選手は

非常に仕上がりがいい体です。

Rodtang Jitmuangnon選手は1ラウンドから非常に早めに手を出します。

そして、左のミドルが出ない攻めよりかたです。

スタンスも反応も明らかに今までとは違います。

首の付け根、僧帽筋の盛り上がりも足りず心なしか首も細く見えます。

左のローの出し方も、ひねりの無いオープンスタンスからのキックになり

相手に効かせられない。

何よりも、パンチを怖がっているところがあり、重心が今までの猫背の追い求めるスタイルより

後ろ足重心で今一つ重みの無い攻撃です。

DANIAL WILLIAMS “MINI – T”選手の攻撃を1ラウンドで目の間に受けているせいか

闘い方がいつもとは明らかに違います。

2ラウンドからの攻めがようやく彼の記憶に沿った闘い方になてきます。

最終ラウンドは、DANIAL WILLIAMS “MINI – T”選手がカットしたためなんとなく

大差がついたように見える試合に落ち着いたが、明らかにMuay Thaiのファイトスタイルを

無理にアジャストし、別の要素が強くなったRodtang Jitmuangnon選手が今後どれぐらいの

試合を重ねられるんか・・・ あの打たれ方で長続きできるのかはこれからの

見たいものではあります。

正直、Rodtang Jitmuangnon選手となすがわ先生と武尊選手の巴戦もみたいですね。

さて、この大会のメインに座ってもおかしくないカードがRodtang Jitmuangnon選手

▼LIGHTWEIGHT

EDDIE ALVAREZ”THE UNDERGROUND KING”(United States )

vs

IURI LAPICUS(Moldova)

EDDIE ALVAREZ”THE UNDERGROUND KING”選手はもうすでに37歳

DREAMから始まり、ONE Championshipへたどり着く

その間、Bellator、UFCをへてからのONE Championship。

BellatorでもUFCでも、championベルトをまいた選手になります。

Conor McGregor選手に負けてから数戦をこなして、ONE Championshipに乗り込む。

ONE Championshipでは、初戦で負けてしまい、評判ほどの活躍は見せていない。

さて、UFCからの移籍組はこのシリーズは大きなチャンスである。

いくら、歴戦の勇者でもアジアでの生活をすごしながらの試合コンディションの維持は

身体は間違いなく仕上がっている。

なおかつ、彼もここに欠ける意識は非常にあったために

ダウンを奪ったのちのパウンドが後頭部にヒットしているためになんとあっけなく、

ノーコンテスト・・・

【MAIN】

▼FLYWEIGHT WORLD CHAMPIONSHIP

ADRIANO MORAES “MIKINHO”(Brazil)

vs

Demetrious “Mighty Mouse” Johnson(United States)

ONE Championshipの目玉選手といえば、Demetrious “Mighty Mouse” Johnson選手です。

FLYWEIGHTのchampion選手であるADRIANO MORAES “MIKINHO”選手が世界championに挑むという

分かりづらい統一戦になります。

このADRIANO MORAES “MIKINHO”選手は身体能力はもちろん高いのですが、

とにかく、身体が強い。

グラウンドに入ってもDemetrious “Mighty Mouse” Johnson選手をリードします。

打撃は、手足が長いので非常に有効に作用しながら距離を取ります。

Demetrious “Mighty Mouse” Johnson選手は34歳とは思えない身体能力と、回転数の高いグラウンドの展開

お互いグラウンドで優位に立ちたいために距離感が難しい。

右が当たりそのご、膝をもらったDemetrious “Mighty Mouse” Johnson選手は

何とも一瞬のうちにADRIANO MORAES “MIKINHO”選手に敗退する。

ONE Championshipの看板が新たな世界を迎え始めます。

このまま、Demetrious “Mighty Mouse” Johnson選手は終わらないでしょうが、

あくまでも新たな扉が開いた大会でした。

【まとめ】

長く、間隔があいてしまいました。

格闘熱が下がるというより、今の飽和した実力の中で

抜きんでる大会をできる団体が少ない中

ONE Championshipは一歩前に進みました。

ONE Championshipの選手たちも第二世代が動き出しました。

その中で、Muay Thai選手の世界は非常にカオスな状況を迎えています。

今回のRodtang Jitmuangnon選手はもとより、Stamp Fairtex選手の王者転落から

始まった世界観がいまの格闘技業界の中でのカオスを生み出した

ゆえんである。

格闘技に求められるスキルが変わるというより

ボクシングというスポーツと格闘技の世界を併せ持つものがあるために

ギャラを考えると転向する選手も多いのでしょう。

ただし、プロボクシングに転向して成功できる可能性は低いでしょう。

なすがわ先生がボクシング転向を話していて、武居 由樹選手もボクサーになりました。

はっきりとお金の為です。

だとするとスタートからじゃなければおそらく無理なのでしょう。

井上尚弥選手のような選手には届かないのです。

今後この結果が出ていきます。これからは、この世界線は間違いなくやってきます。

はい、それでは この辺で ★ Master Kevin ★ でした。

コメント